2023年3月17日

生理でお悩みの全ての女性へ

生理でお悩みの全ての女性へ Mieruレディースクリニック院長
柴田 あずさ

私は大学病院に勤めていて、何か疾患があり病院に通っている患者様をたくさん診てきました。しかし視野を広げてみると、世の中には健康に日々を暮らしており、病院になど数回しか行ったことがないという若い人はたくさんいます。

ほとんど健康なのだけれど、生理くらいなら月に数日我慢すればいいので市販の痛み止めを使用してなんとか乗り切ろうという人はたくさんいて、平日に病院にいく時間などないという人がたくさんいるのです。

そんな中、コロナの影響もあり、オンライン診療というものが芽を出しました。大きな病院だと待ち時間3時間、診察時間3分などと言われることもある中で、生理の悩みで病院の門を叩く勇気がない人もいるかもしれません。しかし、オンライン診療はその懸念を取っ払ってくれました。

当院はピルを使うかどうか悩んでる人に対して、利用しやすいデバイスを通して適切な情報提供を行いたいと考えています。

生理について思うこと

生理について

院長である私自身今まで生理に対して、強く意識を向けることはありませんでした。

それは、10歳そこそこの頃からずっと生理と付き合ってきていて、毎月数日間出血があること、ナプキンの違和感、交換の手間、ある程度の腹痛などそれはあって当たり前のことであり、とりわけ人に相談したり話題にすることもありませんでした。

何かのイベントとぶつかるのも致し方ないことであり、それは天気を操れないのと同じと考えていました。

妊娠出産

転機となったのは、妊娠出産です。妊娠してからは当然ですが、生理がありません。これがいかに快適であることか。
妊娠中はもちろん、つわり、不眠、便秘、貧血、お腹が重くて動きづらいなどマイナートラブルがたくさんありますが、それでも生理がないというのは非常に大きなメリットでした。

後輩からの相談

先ほど天気は操れないと書きましたが、生理は操れる時代です。実際に私は、後輩から再来月結婚式があるのだが、生理が重いので結婚式の日にどうしても生理が来ないようにしたいという相談を受けたことがあります。

結婚式まで十分な期間があったため、その後輩には、生理を遅らせるよりも先に起こしてしまった方が、体調もいいし安心だろうということで生理を早める方法をとり、無事結婚式を迎えることができました。

このように海外旅行や、修学旅行、大事な試験など生理とぶつかる懸念がなければパフォーマンス力を上げられると思うことはいくらでもあると思います。生理の日を薬で調整することは何の躊躇をする必要もありません。

人類の文明は日々進化しており、その速度はどんどん加速しているのですから、できることを敢えてやらないのは控えめに言って非常にもったいないと言えます。

ピルの違い

生理をコントロールできる内服薬を一般的にピルと呼んでいて、主に避妊目的であるものをOC(=Oral Contraceptives)と呼んでおり、月経困難症治療目的のピルをLEP(=Low dose Estrogen Progestin)と呼んでいます。

ただこれらのピルの違いは一般の方は正直よくわからないと思います。ネットの情報だけだと、興味はあっても種類も多くてどれにしたらいいのかよくわからず結局手をつけずに我慢を続けるということもあるかもしれません。そのため私がよく説明に使うのは、ピルの種類は、コンタクトレンズのようなものだと話しています。

1dayコンタクトもあれば2weekレンズがあったり、1monthもあれば1年以上使えるものがある。ハードコンタクトがあればソフトコンタクトもあり、潤い力が高いものもあれば酸素透過率が高いものもある。皆さん、安いものや病院で進められたもの、自分の生活に合っているものを選んで使っていると思います。ピルも同じです。まずは避妊目的であればOC、生理が重くて辛ければLEP。どちらもであればLEP。

あとは病院によって採用されている薬も違うので、実際に使ってみて合うか合わないかを判断されたり、連続投与可能日数の違いもあったりするのでそういったもので判断するのがいいかと思います。
当院では保険診療ももちろん行っていますので、患者様の悩みに応じたお薬を処方したいと思っています。

2023年3月12日

診療時間

  • 来院・オンライン(当日予約可)

    AM9:00~12:00

    PM14:00~18:00

    診療時間
    AM
    PM

    ※▲:金は15:00~18:00、土日は14:00~17:00
    ※◎:10:00~12:00(オンライン診療のみ)

アクセス

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-15-9 岩瀬ビル4階

Menu